チィック

大人になって、チィックにかかった主人がいます。
全く許せません。
母親も生きているのに、ほったらかしっです。
育ちが悪いのでしょう。
ほったらかしに育ったので、大人になっても全て人任せでした。
「う、う」と、ほっぺたをふくらませて、叫んでいます。
どうして良いかわかりません。
「ぷ、ぷ、ぷ」。
腹立たしいことがあるのでしょうが、どうしようもないので、私達家族だけが被害に遭っています。
家族を困らせても、弱っていくだけなのに、やり続ける主人には愛想が尽きています。
不安神経症と診断され、働くこともできず、足ぶみばかりしています。
ところどころ、正気なので精神病ではないという診断です。
くすりを飲めば良くなるということですが、毎朝毎朝、苦しめられています。
いい加減、まともになって欲しいです。
自分の弱さからくる病気らしいですが、親の育て方が大きいです。
姉はまともなのに、弟は異常です。
同じ家の子供でもこうも違うのはなでしょうか。
スリムフォー メルカリ